numbers
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
私も当たった!高確率のナンバーズ予想ソフトです。





キャラ&ホビーあみあみ
カードゲームからアイドル・スポーツ・キャラクタートレカまで格安で多数掲載!

コミかる!
業界最大級の品揃え!
宅急便で自宅にお届け送料無料/ 電話かコンビニで返却もラクラク
コミックパーク
オンデマンド出版で一冊から注文できる販売サイト。
オンデマンド出版だから、絶版・品切れなしです。

2008年03月17日

第26話)サードインパクト

劇場版第26話「まごころを、君に」
まごころ1この劇場版「まごころを、君に」で真のエンディングが解明された中、
衝撃的な映像が繰り広げられます。
カヲルレイのリリスとの融合。

まごころ2サードインパクトを引き起こし、シンジが乗る初号機までも中に取り込み、世界も終焉を迎えたかに見えました。

まごころ4その中で、シンジの心の中で芽生えたヒトを受け入れる気持ちが、最後にはサードインパクトを治め世界を救うことになったとは少し驚きでした(^^)。

まごころ5シンジアスカの二人が残った浜辺でのラストのシーンは、今までのアニメ史上ではありえない不思議なラストだと思いませんか?

posted by みやと at 01:24| Comment(4) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

第25話)悩み

第25話「終わる世界」
 難解な最後の2話。
 特に、この25話は隠された終末のシーンを織り交ぜながら、シンジアスカレイミサトの心の葛藤が抽象的に語られる。
シンジ25話自分の価値・生き方について悩むシンジ

アスカ25話自分の子供の時の経験から一人は嫌だと叫ぶアスカ

レイ25話ヒトなのかヒトでないのか、生きたいのか生きたくないのか?
自分の存在について悩むレイ

劇場版がなければこのストーリーはあまりにも放棄的なものとして終わったものが、劇場版のおかげで繋がりを見せている物語となるところがすごい!デス。
posted by みやと at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

もうひとつの世界(TV版最終話より)

TV版最終話「世界の中心でアイを叫んだもの」に出てきた、シンジの中の可能性であるエヴァンゲリオンのもうひとつの世界。
絵コンテで表現された学園生活の一コマを紹介します。
明るいシンジ・アスカ・レイの3人がそこにはいます!
もうひとつの世界0転校生である綾波レイのあいさつから始まりました。

もうひとつの世界1「あ〜!」

もうひとつの世界2「あ〜!あんた今朝のパンツ覗き魔。」

もうひとつの世界3「ちょっと!言いがかりはやめてよ。あんたがシンジに勝手に見せたんじゃない。」

もうひとつの世界4「あんたこそ何?すぐにこの子をかばっちゃってさ。何?出来てるわけ、二人?」

もうひとつの世界5「ただの幼なじみよ!うるさいわねぇ。」

もうひとつの世界6「ちょっと、授業中よ!静かにして下さい!」

もうひとつの世界7「あら〜、楽しそうだわ。私も興味あるわぁ。続けてちょうだい。」


アスカの引きの絵が特に良いですよね。「CR新世紀エヴァンゲリオン〜奇跡の価値は」で確変を9連チャンすると見ることが出来ます(^^)。
posted by みやと at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

第3話)学校裏

第3話「鳴らない、電話」
 携帯電話を持っても誰からもかかってこないシンジ
 学校でも馴染めず孤立していたのだが、授業中にパソコン通信でエヴァのパイロットかと問われYesと回答したとたんにクラスの女子達がシンジに注目する。
 そんな中、前のエヴァと使徒の戦いに巻き込まれて妹が負傷した鈴原トウジは、校舎裏でシンジを殴り怒りをぶつけた。
 第3新東京市に第4使徒シャムシエルが襲来し、生徒達は地下シェルターに退避する中、ケンスケシンジは抜け出し出撃するエヴァ初号機と使徒の戦いを観戦に出た。
 使徒にやられっぱなしのエヴァ初号機だが、山の中で2人を発見し守るためエントリープラグに回収し撤退を命令されたシンジが、「逃げちゃダメだ!」とプラグナイフを装備し使徒に突っ込み、半狂乱で使徒を殲滅させるのだった。
 その後、学校を休むシンジに、心配したトウジが電話を掛けるが・・・。
 戦いで苦しむシンジを見た、トウジの想いは複雑だったのでしょう。殴った相手も苦しみながら、人類の為に戦っている姿を見たのですから。
 この回は、トウジケンスケトウジの3人の友情が始まった記念すべき回です。

Beautiful World / Kiss & Cry(宇多田ヒカル)
ダウンロードできます!



posted by みやと at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

第17話)あ、ありがとう

第17話「四人目の適格者」
 エヴァンゲリオン四号機がNERVの第2支部とともに消失し、残った参号機が送られて来た。
 この参号機の起動試験のためにフォースチルドレンが鈴原トウジが選ばれた。
 学校のプリントを届けるために、綾波レイの部屋を訪れた碇シンジ鈴原トウジ
 シンジは汚れた綾波レイの部屋を一人掃除はじめ、そこに帰って来た綾波レイに、そのことを告げた時の綾波レイの照れながら「あ、ありがとう」と言うシーンと、その後一人になってからレイがベットの上でその言葉を思い出しているシーンが、綾波レイの心の変化が現れているようで好きなシーンです。
 また、この回では加持リョウジのスイカ畑でのシンジとの静かな会話や、洞木ヒカリ(委員長)の鈴原トウジへの恋心など、暖かいシーンが多かった回だと思います。

↓ヱヴァンゲリヲン新劇場版 2008年度版カレンダーです


posted by みやと at 01:37| Comment(0) | TrackBack(2) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

第4話)友情

第4話「雨、逃げ出した後」
 ミサトの部屋から居なくなったシンジは電車に乗り、第3新東京市が一望できる丘にいた。
 山の草原で相田ケンスケと会ったシンジはその晩、ケンスケのテントに泊まりトウジが妹から説教されたことを聞く。
 シンジのおかげでみんなが助かったのだと・・・。
 次の朝、NERVの特殊諜報員に連行されたシンジは正式にNERVから除名された。
 そして、列車で第3新東京市を離れようとした時、ケンスケトウジが見送りに来てその場でトウジは自分を殴れと言う。前回、殴ったことを気にしていたトウジならではの気遣いは、見ていて気持ちが良い、本当にトウジは好青年です。
 列車が走り去った後、たたずむシンジを見つけたミサトの「おかえり」の一言も優しく、この回はエヴァが登場しないながらも、ドラマちっくな回でした。

↓Shiro SAGISU Music from "EVANGELION:1.0 YOU ARE(NOT) ALONE"
 10年ぶりに公開「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」。
 劇中使用楽曲をフルサイズ収録したスペシャル・ヴァージョンCDです。


posted by みやと at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

TV版最終話)生きていく価値

TV版最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」
 TV版の最終話であるこの回は、難解な内容である。
 シンジアスカレイの問いかけを中心に、周りの人達も含めた心の叫びや思いがスライドのように展開していきます。
 特にシンジの生きていく価値・自由について、会話形式で繰り広げられるシーンは簡略化された映像と相まって宗教的な感じを受けました。
みんなの祝福 また、シンジのもうひとつの世界・可能性として出てきた、シンジと幼なじみのアスカや明るいレイとの平和な学園生活の場面を見た後、様々な人からの助言を受けてシンジが心の殻を割って明るく考えを持ちみんなの祝福を受けるエンディングシーンは、エヴァンゲリオンというアニメでこれまで見てきたドロドロとした内容の本当の言いたかったことが分かったような気がして、最後に爽やかな気分になりました。
 劇場版と見比べても面白いですね。


↓劇場版エヴァンゲリオンのDVDはいかが?
 お勧めです!



posted by みやと at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

第7話)JAを制止しろ!

第7話「人の造りしもの」
 日本重化学工業共同体によるJA(ジェットアローン)の完成披露会場に招かれた葛城ミサト赤木リツコは、その場でエヴァンゲリオンを馬鹿にされ怒りをぶちまけるが、そのJAは起動テストにて、なんとか歩行はしたもののその後制御不能となる。
 炉心融解の危機の中、自動停止の確率は奇跡に近いと開発者に告げられ、ミサト「奇跡を待つより捨て身の努力よ!」とJAの内部でのプログラムの消去を試みる。
 暴走するJAの動きを止め、ミサトの作業をフォローしようとするシンジが乗るエヴァ初号機。
 内部ではプログラム消去のパスワード「希望」がERRORとなり苦戦を強いられるが、力で動力炉の制御棒を押し出しなんとか停止させる。
 心配するシンジとそれに応答するミサトの関係が、一緒の生活で家族のような身近さとなっているのがこの回では感じられたような気がします。
 全体的に爽やかなストーリ−でした。
 ちなみに、CR新世紀エヴァンゲリオン〜奇跡の価値はでは、この「JAを停止せよ!」のミッションは大当たり確定のプレミア予告です(笑)。なぜ?

↓新世紀エヴァンゲリオンZippo ライター
 セフィロトの樹 Type−GOLD
 こんなのが欲しかった!



posted by みやと at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

第21話)碇ユイと綾波レイ

第21話「ネフル、誕生」
 冬月コウゾウがゼーレに誘拐されたこの回。
 教授だった冬月コウゾウと、碇ゲンドウ碇ユイの過去が明らかにされる。
 セカンドインパクトの真相、再生途中のエヴァ零号機、子供のシンジとその母碇ユイと見所満載ですが、特に子供の綾波レイ赤木リツコの母赤木ナオコ碇ユイの関係がドロドロしていて怖い(笑)回です。
 碇ユイに嫉妬していた赤木ナオコが、碇ユイのコピー?である綾波レイの首を絞めるシーンはちょっとショッキング!でした。
 果たして碇ユイはいい人だったのか悪い人だったのか、最後まで不思議な女性です。
 また、この回は加持リョウジの最後となるが、ゼーレのスパイでありながら憎めないこのキャラの死が残念でなりません。
 彼が生き残っていれば、エヴァンゲリオンも違うエンディングがあったのではないでしょうか?

↓ヱヴァンゲリヲン新劇場版 デコカカード 6枚セット
 自分好みのオリジナルICカードに変身!




(C) GAINAX/カラー
posted by みやと at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

第2話)ミサトの部屋

第2話「見知らぬ、天井」
 エヴァ初号機に初めて乗り込み、ほとんど動けないまま使徒に痛めつけられ頭部を打ち抜かれてしまった碇シンジ
 病室で寝覚めたシンジミサトに連れられ、夕日の中、地下からビル群が出現する第3新東京市を眺める。
 丘から街を眺めるシーンがエヴァンゲリオンには良く登場しますが、この夕日のシーンはその中でも一番奇麗なシーンではないかと思います。
 まだ、あまりドロドロしていないこの回は、シンジミサトの部屋に連れて行かれて冷蔵庫の中を見てつまみやビールばかりなのを確認?するシーンなど、まだ平和な色が強い回です。
 ちなみに、この冷蔵庫の扉を開けビールが並んでいるシーンや、その後ミサトがビールを一気に飲み干すシーンも、パチンコCRエヴァンゲリオンに登場する名?シーンなのです(^^)。
 この回の後半で、実は最初の戦闘シーンの続きが思い出の形で出てきます。
 頭を打ち抜かれ、一度活動停止したエヴァ初号機が、暴走し使徒を倒すという・・・。
 ちょっとしたサプライズでした。

↓ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オルゴール
 曲名:FLYMETOTHEMOON


posted by みやと at 02:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

第19話)エヴァ初号機

第19話「男の戦い」
 友人トウジを殺しかけたシンジは、父ゲンドウに対し怒りをぶちまけ、NERVを去った。
 その中、使徒が現れ出撃したアスカは両腕とクビを飛ばされ、初号機で出撃しようとしたレイは初号機から拒絶され、片腕のない零号機で自爆し使徒を倒そうとする。
 その時のレイの勇姿は、その決意もさることながら、悲壮感がただようシーンでした。
 結果は逆に倒され、それを見ていたシンジ加持リョウジが「自分で考え、自分で決めろ。自分に今何ができるのかを・・・」と語り、その言葉を感じたシンジは父に嘆願しエヴァ初号機で出撃するのであった。
 活動限界で動けなくなった初号機に対し、使徒がめった打ちにしている中でシンジの「動け!動け!」の必死の叫び。
 この感情とシンクロしたのか初号機が活動を再開し、そのまま暴走へ。この再起動する青い焔が燃えかがるシーンはCR新世紀エヴァンゲリオンでも、初号機チャンスの始めに登場しますが、ハッとする名シーンです。
 その後は、大暴走した初号機が使徒を倒し、それを食べてしまう。
 エヴァンゲリオンの謎が徐々に明らかにされていく回でした。

↓綾波レイのお勧めフィギュアです



(C) GAINAX・カラー/Project Eva.
posted by みやと at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

第13話)赤木リツコとMAGIシステム

第13話「使徒、侵入」
 NERVの中心であるMAGIシステムが、マイクロマシンタイプの使徒に汚染されるこの回。
 コンピュータシステムがどんどん侵されていく様は、最近のウィルスが世の中に広がるのに似ていてスピード感があるストーリー展開です。
 ミサトはMAGIシステムの物理消去を進言するが、リツコは自分の母が作ったMAGIの破壊に反対しなんとか使徒の進化を促進させ殲滅させようとする。
 リツコマヤはMAGIシステムの中に入りプログラミングを行い、なんとかギリギリ自爆を回避するのであった。
 その中、MAGIの3つのシステムは自分の母の人格移植OSだと語るリツコと、それを聞くミサト
 作業後、ミサトが入れたコーヒーをリツコが美味しそうに飲んでいるシーンから、後半の2人の顛末が想像できません・・・。
 この回は、レイアスカシンジの裸でシミュレーションプラグに乗っているサービスシーン?もあり、見所が多い回です。

↓ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
 ミニメタルポスター3枚セット


posted by みやと at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

第10話)アスカとシンジ

第10話「マグマダイバー」
 修学旅行に行けない可哀想なアスカ(笑)は、シンジとプールで愚痴りながらも楽しんでいた。
 そんな中、浅間山の火口中に使徒のサナギが発見されその捕獲のため、温泉につられた?アスカが弐号機で発進しようと張り切るが、耐熱スーツが格好悪く、一瞬渋る・・・。
 綾波レイが代わりに出ることを進言したところで、負けん気の強いアスカは自分が乗ることを承知するのであった。
 一旦、使徒を捕獲したアスカだったが、使徒が羽化しピンチに陥いる。
 マグマの底に落ちそうになった弐号機とアスカを、初号機のシンジがマグマの中に入り助けた時の、そのアスカの表情が最高です!
 シンジアスカも、この時は良い感じだったのですが・・・。

↓アスカのTシャツです!


posted by みやと at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

第14話)ゼーレの検証

第14話「ゼーレ、魂の座」
 碇ゲンドウゼーレによる、今までの使徒との戦いの検証をするこの回は、中間の総集編っぽい回です。
 これを見るだけで、エヴァの前半の戦いを流しながら見ることができ、得をした気分?になれるのです(^^)。
 また、この回の後半では、零号機碇シンジとのシンクロテストが行われるが、その途中で暴走が始まってしまう。
 この暴走で、ネルフの地下実験室の壁を殴って壊そうとするのだが、零号機が本当に殴りたかったのは、綾波レイだったのか赤城リツコだったのか?
 謎が多いエヴァ零号機綾波レイです。

↓リリス?綾波? フィギュアです


posted by みやと at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

第9話)シンジとアスカ

第9話「瞬間、心、重ねて」
 2体に分離する第7使徒イスラフェルを倒すため、シンジとアスカは2体同時の過重攻撃という作戦を行うことになる。
 そのため、完璧なユニゾンを要求された2人は一緒に暮らし、楽しい?訓練が開始されるのであった。
 特訓にて、レイシンジが思わぬ息の合ったところを見せつけられたアスカは、エヴァに乗るしか自分の身の置き場がないことに発奮し、シンジに合わせる努力をする。
 その生活は、見ていて微笑ましく、2人きりとなった夜のアスカの涙を流す寝姿は、アスカの一番奇麗な姿ではないかと思います。
 第7使徒イスラフェルとの完璧なユニゾンでの再戦も見事でした(笑)。
 CR新世紀エヴァンゲリオン〜奇跡の価値はでも、この場面を何度も見たいものです!

↓エヴァの名曲をこの1枚で!


posted by みやと at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

第25話)アスカ、奇跡の復活

第25話「Air」
 劇場版である、この「Air」では、難解だったTV版を補足してくれるとともに、欲求不満?だったエンディングを噛み砕いて再演してくれています。
 その中でも、壊れていたアスカが母の幻影に導かれ、弐号機とともに復活を遂げ、胸をすく大活躍をしてくれます(^^)。
 この覚醒する様子は、CR新世紀エヴァンゲリオンでも暴走モードで登場していますが、本当に久しぶりの元気で無茶なアスカが楽しめます。
 対照的に、碇シンジはあいかわらず・・・。(笑)
 ただ、覚醒による大活躍の後、弐号機の活動限界がきてしまい、ロンギヌスの槍で頭を打ち抜かれ、エヴァ量産機に内蔵を食べられてしまうというショッキングな最後があまりにも悲惨!
 エヴァンゲリオンの世界って、本当に残酷です。

↓CR新世紀エヴァンゲリオンの攻略法あります!



posted by みやと at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

第15話)照れる綾波レイ

第15話「嘘と沈黙」
 エヴァとのシンクロテストが終わって、エレベーターの中、翌日父碇ゲンドウと会わないといけないシンジは、綾波レイに父との会話を相談する。
照れるレイ その時の会話で、その日の学校での綾波レイがぞうきんを絞っている姿がお母さんを連想させたとシンジが告げた時、それを後ろ向きで聞いていた綾波レイが、頬を赤らめ照れていた表情がすごく印象的です。
 この回では、シンジの母碇ユイの墓の前で、碇ゲンドウがシンジに語る思い出の意味や、ラストで出て来た地下のアダムなど、以降のストーリーを謎ときするのに重要な回ではないでしょうか?
posted by みやと at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

第1話)シンジとエヴァ初号機

第1話「使徒、襲来」
 突如出現した使徒が第3新東京市を襲う中、ミサトにネルフに連れてこられたシンジは、エヴァンゲリオン初号機の前にて父碇ゲンドウと対面する。
 使徒の進行を止めるため、リツコにエヴァ初号機で撃退を要請されたシンジと、それを止めるミサト
 「できっこないよ!」と後ろ向きなシンジに対し、「乗るなら早くしろ。でなければ帰れ!」の父ゲンドウの台詞。
 乗る気のないシンジを見かねて、ゲンドウは怪我で寝ていた綾波レイを出撃させようとするが、その時、使徒の攻撃で揺れたネルフ本部でシンジの頭上に蛍光灯が落下し、無人のエヴァ初号機が手でシンジを守るのである。
 シンジとエヴァ初号機のシンクロはこの時から約束されていたんですね。
 その後、大けがで苦しむ綾波レイを抱き上げ、「逃げちゃダメだ・・・」と自問し初号機で出撃を決意したシンジはエヴァ初号機に乗り込み、射出され使徒と対峙する。
 第1話から、飛ばしまくりのストーリー展開です(^^)。
 9月1日公開の「エヴァンゲリオン新劇場版:序」で、どのようにリメイクされているのか楽しみです!
posted by みやと at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

第18話)フォースチルドレン

第18話「命の選択を」
 フォースチルドレンでとして選出されたトウジ。この回では、学校・家での普通の生活シーンで始まり、後半は使徒に浸食されたエヴァ参号機に乗ったトウジとダミープラグに切り替えられたシンジの乗るエヴァ初号機との戦闘となる。
 この切り替わりの激しさと突然の残酷なドラマが、エヴァンゲリオンの真骨頂なのだろうが、この回のそれは、あまりにも残酷ではなかったのだろうか?
 フォースチルドレンがトウジだと知らなかったシンジ、それを知っていたレイアスカの思い、戦いを拒否したシンジが乗る初号機がダミープラグにより勝手に参号機を破壊していく様、潰されたエントリープラグから半死半生で救出されるトウジを見たシンジの絶叫・・・。
 このストーリー展開は予想できないですね!
posted by みやと at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

第5話)無感情の綾波レイ

第5話「レイ、心のむこうに」
 新しい更新カードを綾波レイの家に届けることになったシンジ
 その部屋で見つけた壊れたメガネをかけたところで、シャワーを浴び終わったタオル1枚のレイがそれを取り上げようとメガネを手にしたとたん、あせったシンジが倒れかかってしまう。
 上にかぶさるようになったシンジの手の下には・・・。
 この状況でレイから発せられた言葉は「どいてくれる」の一言。
 最初の頃のレイは、本当に無感情でした。
 その後、エヴァ零号機の再起動実験のためプラグスーツに着替えたレイが、シンジの父碇ゲンドウの自分を救った時の言葉を思い出している表情は、無感情の中に一瞬の感情が出ていて優しい表情で良い横顔でした。(^^)

posted by みやと at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ストーリー紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。